時間がないサラリーマン、最初の投資はインデックス投資がよい理由

時間がないサラリーマン、最初の投資はインデックス投資がよい理由資産運用

サラリーマンは日々忙しく時間に追われ、投資を始めようとしても、なかなか取り組む時間が取れない方も多いですよね。

投資を始めていない方や、投資を始めようとしてまだ踏み切れない方向けに、まず最初の投資としてインデックスファンド(投資信託)の積立投資がよい理由を説明したいと思います。

スポンサーリンク

投資の基本の考え方

投資の基本となる考え方は以下の3つです。

  • 長期投資
  • 積立投資
  • 分散投資

基本①:長期投資

長期投資は、短期間で売買を繰り返すのではなく、長期にわたってそのまま持ち続ける投資のことです。

長期投資のメリットは『複利』にあります。

利子を元本に組み入れて運用を続けることで、利子にもまた利子がつくことで雪だるま式に元本を大きくしていくことができます。

世界の経済は、短期的な下落があったとしても、長い目で見れば回復して、また成長をしていくものです。

投資期間が長いことで、投資による価格変動リスクが小さくなり、安定した収益が期待できます。

また、長期投資を意識することで、短期の売買は不要となりますので、日々の値動きを気にする必要もありません。

基本②:積立投資

投資先を決めたら、その投資先に毎月一定額を積み立てていきます。

積み立て投資は無理なく少額から始められるし、売買のタイミングを考える必要がないので精神的に楽です。

また、毎月一定額を積み立てるだけなので、時間をかけずに自動的に続けることができます。

基本③:分散投資

1つの投資先に集中して投資をすると、うまくいかなくなった時に、大きい影響をうけることになります。

そこで、様々な投資先に分散することでリスクを抑えることができます。

例えば個別の企業の株式に投資した場合、その企業の業績次第で価値が上下しますが、インデックスファンドに投資すれば、米国の数百社、世界中の多数の企業など、非常に多くの企業に分散して投資を行うことができ、リスクを分散することができます。

またさらに分散させる例として下記のようなものがあります。

資産の分散異なる値動きをする複数の資産を組み合わせる。(株式・債券・リートなど)
地域の分散複数の地域や通貨を組み合わせる
時間の分散時期による値動きに応じて、価格が高い時期には少なく価格が低い時期には多く投資を行う

最初の投資はインデックス投資がよい理由

インデックスファンドの積立投資は「長期投資」、「積立投資」、「分散投資」の観点を押さえた投資を行うことができるため、最初の投資としては最適です。

「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」・「つみたてNISA」は、この「長期投資」、「積立投資」、「分散投資」をできるようにした制度設計になっており、「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」・「つみたてNISA」を活用することで、上手に節税しながらインデックスファンドの積立投資を行う事ができます。

実際にやってみて難しいと感じている事

私が実際にやってみて難しいと感じている点は下記です。

長期投資→下落相場が訪れる

長期での投資は、途中のどこかで必ず下落相場が訪れます。

例えばリーマンショックでは、世界経済が大きな打撃を受け、米国の株式市場は大暴落し、株価は一時的に半分程度に下落し元通りになるまでに3年を要しました。

積み立て期間中であればよいのですが、60歳や65歳などリタイアと合わせて現金が必要になるタイミングで下落相場が訪れてしまうと、資産が大きく目減りしてしまいます。

また、逆にそのタイミングで上昇相場だった場合、まだお金は必要じゃないからと運用を続け、その後の下落相場に巻き込まれる可能性もあります。

適切なタイミングで低リスクな資産に切り替える、時間を分散して売却するなどの出口戦略が必要となってきます。

とはいえ、先の話ですし、とりあえず始めてみて、走りながら考えていけばよいと思います。

積み立て投資→投信判断を怠る

長期での投資の途中のどこかで、例えば10年以上の強気相場が終わるなど、大きい転換点が訪れる可能性があります。

開始当初は長期的に成長すると考えて投資先を決めたとしても、こういった転換点を見逃してそのまま積み立てをしていくと、最終的にリターンが低くなる可能性があります。

積み立てを始めると、あとは続けるだけで自動的なので、基本はほったらかしでよいと思うのですが、大きい転換点では場合によっては方針を見直す必要があると思います。

インデックス型の積み立て投資は、日々の値動きを追ったり、売買のタイミングを考えたりする必要がなく、時間をかけずにできるのがメリットです。

しかし、私は、せっかく投資をするのだから、経済に興味を持ち、情報を集めて、常に自分の投資先が自信をもって正しいと思えるようにしておく必要があると考えています。

分散投資→リスク軽減効果とリターンのバランスが難しい

分散しても結果的にあまりリスク軽減にならない分散先があります。また、様々な資産に分散しすぎると結果的にリターンも低くなります。

私としては、「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」・「つみたてNISA」は定年まで使うことが無いお金と考え、無理のない金額で行い、別できちんと生活していく貯金をしておけば、多少ハイリスクでも問題ないかなという考えです。

実際「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」は必要になっても現金を引き出せないので、途中経過で暴落しようが時間の分散により回復して、最終的に増えていればよいという方針です。(出口戦略のほうが大事)

自分なりの方針を立てて投資対象を決める

いくら「長期投資」、「積立投資」、「分散投資」を行ったとしても、今後、長期的に成長していくものに投資をしないと結果的にリターンは少なくなります。

元本割れのリスクもあります。

投資先を決める際は自分なりの方針をしっかり立てましょう。

例えば、世界経済全体が今後も成長し続けると考えるので『全世界株式』に投資する、米国が経済の中心であることは今後も続くと考えるので『米国株式』に投資するなどです。

結果は何十年後にしかわからないので正解はないのですが、投資をする上では自分なりの方針をきちんと決めて、それを信じて行動を続けることが重要になります。

20年後の成長予測をして長期的な方針を立てて信じることができれば、短期的な上昇相場が来ようが、下落相場が来ようが迷うことなく投資を続けることができます。

ちなみに私は、『米国株式』に投資をする方針です。理由としては下記の点です。

  • 円以外に資産を分散しておきたいから
  • 余裕をもった投資を行うことで株式のリスクを許容できるから
  • 世界の株式の時価総額の41.6%を『米国株式』が占めており(2021年2月時点)、今後も米国が経済をけん引していくと考えているから(米国以外の先進国にあまり将来性を感じない。新興国では中国が今後も成長していくと思うが、米中対立が激しくなっており様子を見たい)
  • 世界の経済は連動性が高く、米国で経済危機がおこれば世界的に影響を与えるので、株式で地域を分散してもあまり分散効果が得られないから

そして下記のような運用をしています。

  • 確定拠出年金(企業型DC):先進国株式インデックスファンド 100%
  • つみたてNISA:eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 100%

確定拠出年金(企業型DC)で先進国株式に投資していますが、企業型DCは取り扱い商品が少なく、私の信託会社では米国株式のインデックス型投資信託の取り扱いがないからです。

まとめ

今回は『時間がないサラリーマンには、まずインデックスファンドの積立投資をおすすめします』という内容の記事でした。

私は、「確定拠出年金(企業型DC)」と「つみたてNISA」でインデックスファンドの積立投資を行っていますが。それだけでは逆にやることがなさすぎて物足りない感じなので、積み立てに加えて、下落時や、これから上がりそうというタイミングに特定口座でスポット購入の買い増しをしています。

少しずつですが、運用の成果が目に見えるようになってきたので、これからも継続していきたいと思っています。

ランキングに参加しています。この記事がよかったなと思う方は、下のブログ村のバナーをクリックして投票いただけると励みになりますので、お願いいたします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

本ブログではポイントサイト「ハピタス」の紹介を行っています。

ネットショッピング、格安SIMの申し込み、口座の開設、クレジットカードの作成など「普段の行動」を「ハピタス」経由にするだけでポイントがたまるので、とてもお得ですよ。

まだハピタスに会員登録していない方向けに、紹介用のキャンペーンを用意しています。下記のボタンから10/31までにハピタスに登録し、11/30までに合計500pt以上の広告を利用をすると1,000ポイントがもらえます。

\ 会員登録はこちら /